南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

我句 -Gag- の辞典

エリコ

エリートコースの略。 「イェリコでエリコの男と付き合う絵里子」のように使う。別にエリコちゃんの彼氏を奪ったわけではない。 男を選り好みするのは絵里子のみ。

虚動不信

虚ろな言動を信用しないこと。 挙動不審は虚動不信。

ヒアリング

ヒアリ上陸。 Hiari(ヒアリ)とLanding(上陸)を組み合わせた、Brexitのような時事造語。

手当たり私大

滑り止めのために、片っ端から私立大学を受験すること。

ケババ

化粧のけばけばしいババア。日焼けサロンでじっくり焼いてあるのも特徴。

マックレーン

マクドナルドに入店するための車線。混雑時は路上駐車に等しい迷惑を呈する。もちろん「イオンレーン」とか「ドンキレーン」とかもあるだろうけど、人名っぽくないのでつまらない。

ガキつか

ガキ(の扱い)に疲れること。そういうときだけ大人のフリしてんじゃねぇ、と言いたい自分がそこにいる。ともかく後輩と一緒に仕事をするのは疲れる。毎日が、ガキつか。

ゾロメートル地帯

ゾロ目ナンバー取得者の多い地域。ゾロアスター教信者も多数を占める。早漏。

爆鬼

ばくばくとおにぎりを食べること。鬼爆の対義語とかではない。

鬼爆

鬼のように爆睡すること。休日の19時付近はマジでデッドゾーン。

酒食をともにしない

仕事帰りに食事と飲酒を並行することは胃腸や肥満などの健康面によくないので控えるべきである。

蝕安

人生を蝕まれる仕事で安定した収入を得ること。ふつうに職安行って新しい仕事探したほうがマシかもしれない。

DL

恋愛を鍛えること。单恋的锻炼(片思いの鍛錬)。

おろポン

松屋おろしポン酢牛めしの愛称。危険ドラッグと聞き違われたら心外だ。たしかに二日酔いが残るときや連日並の牛めしばかり食い続けてるときのいい刺激やアクセントにはなるが、決して異常な高揚感などはない。 今宵のおろポンでゴマが一振り載っているのに気…

ファミモ

PASCOの食パン「ファミリーモーニング」の略称。暫く前には「えがしょく(笑顔の食卓)」なんてのもあった。 そのうちファミコンを知らない世代から、“ファミリーコンプレックス?”とか聞かれる時代がやってくる。その次がファミマだ。せめて慣れ親しんだ人…

ドーピング

飲酒中に喫煙すること。酔いの回りを加速させるが、誘惑には勝てない。

地ベジ

地元産の青果。概ね生産地の県民が「受信」する。

通湯

読み:つゆ 梅雨の時期に銭湯やスパ、温泉に通うこと。運動不足や身体にカビが生えるのを防止する効果がある。

おでん

電卓のこと。「お電卓」の略。伝票を書くとき、よく探し求める。

酸甘刺穏

読み:さんかんしおん 酸味に刺激され、甘みに穏やかとなる。これぞ人生。XXYY型じゃなくてXYXY型の熟語もあるよな。

マルボウ

1パレットまるっと棒積みにすること。崩れやすく不安定極まりない。暴力団の警察用語ではない。

猿本

サルモト サブブログI Will Get Themのプライベートで愛用している略称。 URLのsanlunmotor(サンルンモートー)を縮めて読んだもの。干支に登場する動物同士で、メインブログの蛇池と対をなす点も気に入っている。I Will Get Themは、月2~3記事ペースの不…

くだらない確執

固有名詞。ドラマのタイトルではない。今年5月から入職している現場で日々起きているさまざまな人間関係のトラブル。先日、やっと命名に至った。「くだらない確執」によって、職場の人間関係が崩壊し、翻弄され、結果的にミスが頻発している。もともと以前か…

読快力

どっかいりょく 文章の、読むと読者に快感を与える力。個人の能力ではなく、文章のもつ性質とパワー。

追飾愛まー

読み:おかざえまー オカザえもんを追い、飾り、愛でる人々。まだ我輩はその域にない。日々追ってはいるけども。

越膳(行為)

読み:えちぜん 宴席で、上司や師匠など目上の人の膳を跨いで、料理や酒類を求める失礼な行為。越前の人々を蔑む言葉ではなく、むしろ彼らの礼(嶺)義を尊ぶ精神に対する畏敬の表れである。 後半部分は天気予報などで福井県を「嶺北・嶺南」と区分する点に拠る…

昼華

読み:ひるげ 昼食に中華料理を食べること(動詞)。また昼食に食べる中華料理(名詞)。なお、中国語では中午(zhongwu、お昼)に食べるという意味で「中華」(動詞)を用いる。この一年で南蛇井の昼華はシンチャンから麗慧へと重心を移した。独りで行く分に…

我句 -Gag-

我流冗句風表現の略。蛇池(当ブログ)のメインテーマ。「タイトルと本文」の構図を重んじ、語音転換や自ら思考した事象の本質的関係性などを素材として、より短く面白く風刺性と芸術性を伴い且つ自己満足のゆく作品を追求する。蛇池の主体思想とでもいうべ…

間射日光

直射日光の対義語で、半透明なガラスなどを挟んで照射される日光のこと。光はやや淡いが、熱は直射に匹敵する威力があり熱中症に注意したい。 決して「感謝日光」の誤りではない。日頃の太陽の恩恵には感謝しなければならないが、この猛暑週間はさすがに拷問…

無視の域

話や事象がスルーして構わない次元であること。