南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

河南旅游集

郑州地铁(郑州2014年号)

(许昌第三次(许昌学院)よりつづく) 白酒の香と一夜の興奮冷めやらぬ早朝、静かに出発。南へ暫く歩き莲城大道に出て、公交2路(たぶん)で许昌东站近くの仮設みたいなバスターミナルへ。南方各地を発してきた郑州行きの長距離バスが駐留し、流水で客を拾っ…

许昌第三次(许昌学院)

これは、午前中会いに行った河南大学の老师から留学中お世話になったK先輩が许昌にいることを知らされ、挨拶だけでも、と電話したところ、「ぜひお越しください」と言われて急遽訪問を決断したものである。平原編を終えて一晩寝たっきりで疲れが残るものの、…

郑州中牟再訪(三轮摩托车撮影)

留学時代に魅了された中国式三輪乗用車(三轮摩托车)オリジナル画像収集とサブブログI Will Get Themの模様替えのため、2009年10月以来の中牟を訪れた。5年前の郑州中牟(Zhongmu)县城ではカメラを持参しなかったため、長年これを果たせず悔やんでいた。旅の…

平原編5:新开城际公交

(平原編4:鹤壁(Hebi)浚县(Xunxian)(浮丘山)よりつづく) 何かと相性の悪い新乡だが、公交(バス交通)施策の面では非常に高く評価している。昨日見かけたレトロ風車両の導入も然り。市内限定路線と郊外延伸路線との運賃格差設定*1と、後者の市内快速運行…

平原編4:鹤壁(Hebi)浚县(Xunxian)(浮丘山)

浚县は計画当初まったく眼中になかった。濮阳と新乡の繋ぎ目は滑县で十分と考えていたが、ふと『河南省交通图册』の浚县域内に書かれた浮丘山というのは、县城に近いのだろうか、とGoogle Mapで検索してみた。すると、町のど真ん中にあるではないか。急に一…

平原編3:濮阳县(挥公陵)

(平原編2:濮阳再訪よりつづく) 昨夜登記したところへ退房しに行ったら、家族らしい男性が「マネー」と押金を返し「バイバイ」。少し拍子抜けした。路地口には朝飯屋台が幾つか出ていたが観光のスタートを切ってしまう。县方面へ行きそうな公交3路を行き着…

平原編2:濮阳再訪

(平原編1:山东聊城(Liaocheng)阳谷(Yanggu)(景阳岗)よりつづく) てっきり今来た道を戻って台前を通るのだと思っていたら、台前どころか范县(Fanxian)にも入らなかったみたいだ。莘县(Xingxian)と朝城(Chaocheng)镇の汽车站に入場しながら、范县の目前で…

开封开封府

半日先行で到着し早めの行動で過ごした結果、滞在最終日の午後が空いた。朋友に会える当てもなくなったので、観光の時間にできた。予てより候補として开封府,百塔寺,さらに余裕があれば通许县をと考えてきた。天気が悪く寒いので、近場でメジャーなスポッ…

开封州桥

中山路と自由路の交差点(通称相国寺交差点)の南側に位置する。遺跡の標示(画像)は、南西角に建つ三毛时代购物广场(大三毛)の前にある。アクセスは火车站から4,29,31路が標示のちょうど向かい側に、1,9路が大三毛北側に停車する。 留学当初からその…

开封河南贡院碑

贡院とは、科挙の試験会場のこと。この史跡は河南大学老校区内にある。この学び舎の所在地が、古くから学問を極め立身出世を目指す場所であったことを示す、いわば礎のような文物。 河南大学キャンパスの西部を南北に走るストリート、その名も“贡院路”沿いに…

周口(Zhoukou)鹿邑(Luyi):太清宫,老子故居

开封帰郷旅行の寄り道企画。もともと留学中に商丘経由の日帰り旅(沿線から離れた観光地を鉄路利用で往復する試み)として計画。帰国後は商丘第2Rツアー(北京起点)に編入、亳州から入り商丘に出るか睢县(Suixian)に渡るルートで設計。今回の目的は开封に帰る…

开封金明池公园

今回の开封滞在最終日。入場無料で甲羅干しのできるところといったら、ここしかないだろう。龙亭などに置かれた再現模型によると、宋都の時代、ここは大きな湖だった。現在残っている明清代の城郭よりずっとずっと広大な都の、ちょうど西門を出たところ*1。…

开封开封星(記念碑)

こんな小さなスポットを挙げると、州橋*1もちゃんと書け、と叱られそうだ。市内各地に点在する記念碑を全部列記していたらキリがない。とくに解放路には訳分からない碑がいっぱいある。主に党関係の史跡だ。でも今回のは新しい、というかつい最近建てられた…

开封博物馆

はじめに、今回は時期的な関係で、とくに一階の展示において建国60年の装いが強く、通常とは異なっているかもしれないことをお断りしておく。 さて、开封博物馆は、レプリカだらけで見る価値がないと言われたり、开封の伝統民芸である年画の企画展をやってい…

开封万岁山森林公园

年票未訪シリーズ第二弾。ていうか、刘少奇陈列馆は結局観なかったので、一弾目。森林公園は入場料も安めで、学生らから好玩なところだと聞いていたが、一度も行ったことがなかった。その理由はアクセスの悪さにある。場所は、城壁の北辺。城壁と外环路の間…

郑州BRT(郑州2009年10月号)

BRTとは、Bus Rapid Transit(中国名:快捷公交)の略称で、要するに専用通行帯を走るバス交通である。名古屋で言えば基幹バス、特に道路中央を運行する基幹2号線とまったく同じスタイルである。システムや路線などについては中で詳しく述べることとする。そ…

郑州中牟(Zhongmu)县城

县城を歩くというのは、何か一つでも景点があると面白いものだが、そうでないとよっぽど雰囲気のある町でなければ足労である。ところが今回は、観光以外に目的があって、敢えて訪れた。中牟*1は既に、官渡古戦場*2の際に入境しているが、中心地には行ったこ…

汝州温泉編3:さらに田舎で元宵节を過ごし、帰宅の途

朝風呂 8時半ごろ起床、7時を回っているのに今度は暖房が入っている。一昨日暖气管をじかに触って、火傷するぐらい熱かった。残り湯(完全に冷水だけど)に加水して朝風呂とする。この朝風呂は、初めは寒くて、だんだん腹が空いてくるのが醍醐味である。いい…

汝州温泉編2:温泉镇、汝州(Ruzhou)市区(中大街・钟楼・法行寺塔・煤山公园)

温泉町散策 3時間睡眠で寮を出たし、リンゴ一個のカロリーで往路をたどってきたので、やっぱり疲れがどっとこの一晩にあふれ出た。夜だけでは済まなくて、9時半まで寝ている。昨日の不安定な天候から一転して、充分陽が高く昇ったころ、漸く動き出してとりあ…

汝州温泉編1:温泉(Wenquan)镇へ

はじめに ユーチューブで温泉動画を観ていたら、河南の温泉に行かねば日本に帰れないような気分になった。この2,3日前に、温泉に実家があるという学生に連絡したところ、是非是非ということで決定はしたんだが、ちょうど天候が悪化し始めたところで日程を定…

开封龙亭(菊展編)

开封菊花展最終日、ポロリと「まだ菊祭りを見てない」と漏らしたら、同学が午後「チケットが残ってるから」と呉れてしまった。しかも龙亭と相国寺の2枚。HSKまで1週間もない。石随さんは体調を崩して1枚も使ってくれない。嬉しいやら困ったやらであったが、…

三门峡編3:渑池(Mianchi)仰韶村文化遗址

一夜明けて せんべいのように乾いてしまった白吉馍で軽く腹を満たして、宿を出る。明るくなって改めて見る駅前は、大部分が空き地であった。駅と宿屋街の間に空白がある感じだ。ここまで小駅になると、もはやコンコース的高台もなく、車数台分ほどのスペース…

三门峡編2:灵宝(Lingbao)函谷关

切符購入で一悶着 7時半ごろ起床。旅社によっては8時ぐらいまで外に出られないこともあるが、ここはさすがに駅前。出る前にトイレを探すが、表示に従って進むと裏路地に出て5角便所に行き当たったのでバカバカしくなってやめた。 さて、今日は何が何でも切符…

三门峡(Sanmenxia)編1:河南の西端

洛阳とセットで行く予定だった三门峡は、洛阳編で体調不良のため旅行を持続できなくなり、急遽切り離された。三门峡はその知名度に反して、意外にも『地球の歩き方』に掲載されている。おかげで河南省は、掲載スポット数最多省の一つである。同書における三…

郑州巩义(Gongyi)

これは個人で計画していた*1ものだったが、突如大学側主催の小旅行(遠足?)として企画され、そっちに参加することで交通費と参観費がありがたく浮いた。 午前8時集合。ベトナム人が大量に集まったのと、国際交流処処長が参加したのとが関係してか、教授しか使…

开封宝珠寺

水滸伝を熟読して开封に来た私にとって、何故か大相国寺よりも宝珠寺のほうが脳裏に強く残っている。もしかすると开封市内で最も私をここへ引き寄せる力を持った、神秘的な景点かもしれない。それだけに長い間暴かないで過ごしてきた(笑)。 龙亭潘家湖南東隅…

开封翰园碑林

今回は、年間パスの有効期限に焦りを感じたラッシュ参観だが、この翰园は何故今まで来なかったのか、非常に悔やまれる。もっと早くに訪れていれば何回でも通ったのに。そう思わせたのは、園内北方にある碑廊である。楷、行、真、草、ないものはないと言わし…

开封天波杨府

相国寺の撮影に失敗したものの、本来枚数も足りなかったし、この天波杨府および後記する翰园は先ず撮ることを意識しないで見物しようと思った。 鼓楼广场から15路で終点が天波杨府である。龙亭、杨府、翰园は各々内側でリンケージされていて、どこが正門なの…

许昌鄢陵(Yanling)兴国寺塔

兴国寺塔というのは大変謎な文物であって、数々の情報が氾濫して一体どちらが本物なのか定かではない。古い書物やインターネット情報では尉氏县城内となっている。これについては、私がこの目で確認した限りでは「古塔」と称されるに過ぎなかった*1。それに…

信阳編4:帰路2

静かといえども、照明は寝るには明るく、また盗難も怖いので転寝が精一杯。授乳シーンをよく見て、目の保養。幼子を連れての帰省は本当に辛苦である。 2時過ぎ、牛乳が飲みたくて売店を廻ったが気味悪いほどに一掃されていて買えず。極度に眠くなったり、疲…