南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

無知gay術

都市論の試験中に思ったこと。芸術と技術、漢字で書くと分からないが、GEIJUTSUとGIJUTSU、つまりEの有無の差だけなのだ。じゃ、Eって何だろう。

education:教育?教養?なるほど。しかし、幼い子供の絵も芸術だぜ。

economy:金がなきゃ画材も買えないし、売れなきゃ名声も残らないってか?

energy:ロックだって最後は体力だろう?か。なるほど。

empire:国民国家にも芸術はあるっつうの。

empty:何もねぇんかい。それじゃ話にならん。

embironment:環境よりも感性とかハートじゃないかと思うんだけどなぁ。

expression:「表現」。うん、これだ。技術と表現が芸術だ。よし、無知芸術もこれで行こう。


さて、懸案の大学図書は、延滞料も継続貸出も免除されて、晴れて南蛇井の手元に新たな2週間の権限を付された。そして、都市論も満足な形で試験を終えて、29日16時までにゼミレポートを提出すれば、8月2日までは休養。

試験期間の上州広告は終了いたします。