南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

けっ、言うじゃねぇか

受け止めて何かを感じ取ってくれる相手がいなかったら、ただの音階に過ぎないってよ。へっ、このページのサブタイトルにでもなりそうだ。そうなのよ、芸術ってものぁいろんな感じ方があって、作者の意図って物はあっていいけれど、感じ取るものは観衆それぞれあんだよね。むしろ観衆だけじゃなくて、アーティスト本人だって、支えてるスタッフや俺みたいな下っ端のバイトにも伝わるもんがある。ま、言っとくが、音階だって真っ当な感じ方だぜ。なぜなら、南蛇井の書くような芸術は、大多数にとっちゃ音階にもならない代物だからな。