南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

HN南蛇井(Nanjai)使用5周年

オンラインサービスは硬すぎない・・・

一つの区切りとしてこれを言うために、昨日までに帰ってきたのさ。人間が生きてると5年なんてあっという間だヶど、こっちはエライ時間かかった気がする。使い始めた当初は特に愛着もなくて、なにやらいくつも手を出していたが、ホンケを「南蛇井総本家」にあらためてから落ち着いた。以来、各オンラインサービスを利用する際にも極力Nanjaiを用いるようにしている。また、グーグルで南蛇井アドレスを取得。やっとサマになってきたばかりでもある。
さて、帰ってきたら浦島太郎、じゃないけど、明倫街の食堂がことごとく閉まっていた。去年、商丘から帰ったときもこんな感じじゃなかったっけ。今年はウッカリ買いだめを忘れていたので、今部屋に食うものがない。なるべくカロリーを消費しないような生活を心がけねばならない。まだ学食一個くらい開いてないかな。今年もまた過酷な季節がやってきた。っつか、過酷だと思うなら帰国してろよ、って感じだな。まだまだボチボチやることがある。頑張って痩せるぞ。
そろそろ帰国する期日を定めないといけない。最長でもあと1ヶ月しか居られない。荷物がどれだけになるのか、未だに推し量ることができないのはマズいかも知れない。さらに知人がお土産を寄越すかもしれない。そしたら船でも帰れないぞ。もう親から船は禁じられたので、空路しかないのに。あげる、食う、売る、捨てる、持ち帰る。なかなか容易ではない。