南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

Huangchuan(off)

ケンチュアンではない。
これを中国最後の電話の中で発音だけ聴いて、どうしても漢字が出てこなくて機内でも必死に考えていた。都内の一地名なのだが、やっぱり東京都というところにそれほど通じていないものだから、市や区の名を思いつく限り洗って、またHuangの音(Chuanは川であると相手は言った)である漢字をまた思いつく限り探してみたんだけど、結局家に着いて日本地図を捲るまで思いつかなかった。
荒川区
難しいね、中国語で読まれると。
機内で隣席に乗り合わせた中国人女性が、海関の手荷物カードの記入法が分からなくて暫し中国語で付き合った。なんか私に書いてくれと中国式に言うものだから慌ててしまって、背後に接近してきた職員にも、中国語で状況説明をしてしまう。あぁここは日本なのだっけ。気が付くと周りは我々だけになっていて、もう21時も回って閉めてしまいそうな雰囲気が漂う中、やっぱり簡単には終わらないものだなと思う。