南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

最新デザインでドリンク

しかも90円で。
先日イオンでプリンシェイクが買えることを紹介したばかりだが、このパッケージデザインが自販のものと異なると述べてしまった。実は自販のも含めて、総模様がえしているらしい。今月はじめに帰国後初ドリンクをやったときはお馴染みのデザインだったので、設置された自販によって普及に時差が生じているようだ。すくなくともサンプルはまだ何れも最新のものには切り替わっていないので、矛盾が生じることだろう。今日もその矛盾の生じた新缶をとくと眺めてから頂く。味は変わらない。「5回ふって」に「くずして」の句が加わっている。また「ぷるるん食感」という可愛らしげな文字も付けられた。「中身は二層に分かれておりません」という煩わしい注意書きも傷のようについている。そして、白地が際立った前デザインから、再びプリン色を基調としたパッケージに戻った。
これからは、既に発見された自販たちのサンプルが新デザインに代わっていくところも記録しないといけない。つか、その前に旧デザインとしてチェックしてきたさらに先代のバージョンがまだ2件残っているはずである。これらの扱いはどうしたらいいのだろう。とりあえず先代のをデザイン?、前デザインをデザイン?、そして今回手にした最新のをデザイン?と分別して管理することにする。
まだ新規発見の報告もしないといけない。今日は名古屋バスターミナルにて、2件追加した。千種区の台頭に中村区が反撃。
No.181 愛知県名古屋市中村区名駅1-1(名古屋駅市バスターミナル・レモンホーム上) 1本 
No.182 愛知県名古屋市中村区名駅1-1(名古屋駅市バスターミナル・グリーンホーム上) 1本
レモンにあるのだからグリーンにもあるだろうと直感したら、平等にあった。さすが。このバスターミナルは中村区名駅1丁目と西区名駅1丁目にまたがっているので、境界線を見極めて中村区と断定するのにはターミナルの構造を徹底考察する必要があった。この発見で中村区は14件となり、千種区に勝ち越し。
長年待望の200件まで、もう一息。