読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

車両入城10元(off)

ほんねとーく

清洲城(遠望)

2005年以前の話なので、もう少し値上がっているだろうが、車両進入規制としては悪くない。ただ、まだ都市電車や市内交通が発達・整理していない段階で、車両に制約を与えると不満を生み出す。経済的にも支障をきたすのではないか。「他省市からの車両に対して課金」とあるが、広州の周辺都市は、広州市に比較的密接している。車以外の交通機関を日本並みに私鉄など発達させれば、すばらしい都市圏を形成するだろう。まずそっちを優先的にやってから、改めて車両に制約を課してもいい。
郊外から進入する車両を止めることは難しいだろう。だから、もっと外からの車両に規制をかけるのは致し方ない。郊外ドライバーについてはまだ悩んでいるところである。
アタマから自動車交通を否定することはない。都市内は公共交通機関で、都市間移動は自家用車で、と分担させればいいだけのこと。日本のように都市間が密接につながって、都市と郊外が分離できなくなった国では、自動車をいまさら街中から排除するなんてことは容易にできない。地方の人が市内に入ってくるのに、自動車から公共交通に乗り継ぐなんて、ほとんどドライブする距離がなくなってしまう。その点、都市間最低50kmを走って、外環で公共交通に乗り換える、という行動様式を作れる中国では、まだまだ試せることがある。