南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

くわい

カワイモが訛ったという語源らしいが、むしろ食用部位である塊茎の漢語音kuaijingからじゃないかと思った。ところが漢字では「慈姑」と表す*1。伝来元の中国でも慈姑(cigu)が中日辞典に載っている。キノコの蘑菇とは字が違うし、この二字こそ由来が謎である。
中国でももう漢方専用化して、一般人には馴染みないものじゃないだろうか。実際私も御目にかからなかった。もし食えるものなら日中双方で味わってみたい。

後記:中華料理の「シンチャン」では海鮮ラーメンに慈姑が入っているそうである。意図は不明だが食べてみようと思う。

*1:単なる商品名・品種名かと思ったが辞書でもこうなっておる。