読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

信阳に首都移転!?

ほんねとーく

北京の人口集中による諸問題の打開策として首都移転論が浮上しているそうな。その移転候補に河南省信阳(Xinyang)市も挙がっているらしい。中国全土のほぼ中心で、自然豊かで、河南の経済振興にも好影響となるかもしれない。一方で、中枢機能が移転することになれば新たに無駄な開発が進みかねない。今の良い環境を破壊することになる。信阳市が候補地になるのは地理的な理由だけではないだろう。郊外の鸡公山には民国時代の別荘が残る国際的な避暑地だし、河南の中でも共産党にまつわる史跡が目立つ市だ。つまり政治色をある程度兼ね備えていることも大事な点だろうと。
問題は、何のために首都移転をやるかということだ。単に北京の交通マヒや水不足、大気汚染などの解決案ならばやめたほうがいい。地方に新たな北京を造るだけだ。もっと深刻に追い込まれてから、脳ミソを駆使して環境政策都市政策を生み出し試行するために北京がある。他を模倣したり先延ばしや置き去りにしたりして、思考努力を放棄するのが中国の悪い癖だ。
やるなら政治的意図を持たせるのが良い。首都は国の中心だ。誰もが注目し憧れる地でないといけない。いま危ぶまれている国の求心力を再構築する絶好のチャンスだ。党のポリシーを色濃く表した聖地のような首都を建設することで、党国体制の威信回復の契機としたい。でも、そんな主体思想塔みたいなモニュメント群を乱立させるなら、閑静な既存の町を破壊する意味はない。延安に多少手を加えるぐらいでいいんじゃない?
何れにせよ、河に沿うように細く発達した、地形に調和して成り立った町信阳を、国の意向で劇的に開発させることに賛同はできないな。河南在留経験者の郷土愛として。