南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

下水管ぜんぶつなぐと、コアラに逢えます

このキャッチコピー登場の翌年、名古屋市民は東山でコアラに逢えます。当時名古屋市の下水管延長は5000km、現在は更にその1.5倍。そのうち地球一周できるだろう。
今日は職安のついでに、名古屋下水道供用開始100周年写真展@オアシス21を見てきた。小学生の夏休み、堀留下水処理場を見学したのをきっかけに名古屋市内の下水処理場を調べて白地図に書き込み自由研究としたのを思い出す。100年前の近代下水道の普及に於いて、幹線へ注ぐ個人宅等からの排水には陶管が用いられたことから、瀬戸や常滑といった製陶産業の盛んな地域性がかなり貢献したんではないかと思う。