南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

まだまだ蕾の花咲ねえさん

さっちゃんはね さきこっていうんだ ほんとはね
だけどちっちゃいから なばなをはんぶんしか さかせれないの
がんばろうぜ さっちゃん
咲子の先には春がある 咲呼は自ら春を呼ぶ 開花の数だけ未来も開く
春もそうスムーズにはやってこない。三寒四温を経た春が本物。