南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

ひかりごけ事件

生死の境目に匹敵する飢餓の極限から犯した食人は、たとえ刑法に規定があったとしても、本人の呵責を越える裁きはできない。極みから犯した罪悪の慙愧も極み。