南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

大曽根温泉湯の城に行ってきた

一番身近なのに一度も行ってなかった。700円と割高なのを除けば、充分良いところだ。まず初めに浸かった白濁した「承香(じょうき)の湯」が気持ちよくて暫く出られんかった。最初電気風呂との境目が分からなくて恐る恐る入った白湯は下呂温泉の特徴を取り入れ、ちょっと行った気分になる。露天の登別温泉はひどく熱くて足湯5分でKO。「竹千代の湯」の壺風呂ではorzの逆さ版みたいにひっくり返った醜態さらして夜空を見上げたが、蛍光のPlayland Castleが煌々と輝いて淡い光の星々など望めなかった。
もっとパチンコ野郎だらけで風紀上危ないイメージが付きまとっていたが、高齢者やサラリーマンが多くてそこらのスーパー銭湯よりずっと落ち着いている。癒されるオルゴール音楽が終始浴場を包んでいるのも良い。JR駅近くで全国の名湯を楽しめるのも良し。あと、癒しのポン吉。もっと家康に因んだ名前だと思い込んでたら、普通にポン吉だった。飾らない誠意を感じる。