南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

作戦変更

今日初めてデイトレをやって、12分間で200円儲けた。

もともとそんな短期間でのセコい取引をするつもりはなく、最低でも二三日は保有するつもりでこれまでやってきた。しかし、4月から単元未満株でいろいろ試してきたが、少額資金で小口を買い1週間から半月ほど目標値に達するまで待っていても手数料の壁を超えるのに精いっぱいで、それ以上の利益を確保できたのは1度っきりだ。今月もお盆週間まではかなり期待できたのだが、ようやく手数料の最低ラインに到達しイケるぞ、っと意気込んだ矢先に中国株暴落の煽りを受けてマイナスに転落。数集めてあれば早い段階で利益確保できただろうにと悔やまれる。

そこで今後は、株価1円上昇で元が取れる(手数料をクリアできる)買い方を原則とすることにした。これまでの練習でチャートの読みを外すことは少なくなってきており、買値を下回る確率は低い。現在の資金では買える銘柄が大きく限定されるが、逆に考えれば100円儲けるごとにターゲットが広がるんだと思う。その強い決断で月曜日に臨んだところ、既存株の処理が想定以上にマイナスだったので焦って目先の利益を追求してしまった。はじめて単元株を指値で注文した。S株では当然のように翌日始値で取得できていたので、注文しても一向に約定されない「時間優先の原則」の厳しさを味わった。結局昨日は焦りといら立ちで終わったといってよい。そして今日は冒頭の通り、開市早々に約定を決めて株価1円上昇による手数料以上の利潤確保の実績をつくった。同時に4カ月連続の含み益と、2度目の完全勝利を記録した。今月はまだ4日ある。3週間分の損失を最終週でチャラにしたい。

ただし、今日のように分単位で監視するデイトレみたいなことは長く続けるつもりはない。この市場波乱が一段落し落ち着いてチャートを読めるようになったら、数日ペースの取引に戻す。