南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

仕事納め

f:id:Nanjai:20151231030724j:plain
东坡肉、番茄炒蛋と白酒がわりの熱燗一合。
一口ずつツッと飲み込むと生ビールにはない心地よさを覚えるが、喉への刺激は白酒に全然及ばない。来年はまたこの刺激に再会できる筈だ。徐々に冷めて冷や酒になるのが逆に救いだったりする。
たまたま木曜定休が大晦日とかち合ったのは、終始違和感や心苦しさを抱きながら夜勤を耐え抜いたご褒美かな、と思う。この会社と付き合うのは給料や待遇じゃなくて気持ちの問題だと思うので、婉曲でもさまざまな解釈をしてどう納得し日々をより楽しくこなしていくかだろう。今年も四月五月はひどくブレたがよく持ちこたえた。Ateたちと一段とバラバラになり、寂しく引きこもりがちになった。もうすぐこの会社も潰れる気配すら感じられるが、コミュニティーがなくなっても大切な人達との付き合いは続けたい。

なんか、締めはいっつもこんな趣だね、歳かな。

そうそう、昨日は大納会でもありました。リアルに投資したままこの日を迎えるのは初体験ですが、今月は前月の利益死守の反動で大敗し淡い含み損を抱えながらの引けでした。来年は厭きて投げ出すことなく、より成長した投資家になって迎えたいものです。