南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

劉暁波氏の死は、

金正男氏のそれに似ている。

それぞれの当事国の国策的には人物の死亡(抹殺)が望まれていた点、対して諸外民主国家からはその暗殺や意図的な致死について批判されうる点、同国内ではほとんど報道されないであろう点などである。たぶん中国人民の脳内には、劉暁波氏はダライ・ラマみたいな反逆者として認知されており、報道もそんな風に扱われるのじゃないかな。

今回の件で一番懸念されるのは、欧米などの民主諸国から批判されて国内で排外運動が広まり、時期的に反日デモとかまで噴出して治安情勢が悪化し、結果的に今年訪中しづらくなることである。個人的にとても楽しみにしているイベントなので、どうか冷静に収束してほしい。