南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

往年の恨み

波平リーベぼくのフネ。

他人の女を奪うなんて、波平さんもなかなか遣り手だったんだね。