南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

品番の製造順が

6、4、3のダブルプレーだった。