南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

西愛知大会決勝

優勝した愛工大名電の選手の半数以上が県外出身なのに、ひどく落胆。せっかく100回記念ということで愛知も東西二大会に分かれ、チャンスが広がったというのに県外出身者に代表を奪われるなんて心外。また、母校とコールドながら真剣勝負してくれた享栄が準決勝でこの他所者軍団に敗れたことも、一段と悔しさが込み上げてくる。岩瀬仁紀の母校西尾東が甲子園切符を逃したことより悔しい。