南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

浅尾、岩瀬、荒木引退

中日ドラゴンズの黄金期に野球観戦の味を覚えた私にとって、欠くことのできない選手たちでした。森野が去り、めぼしい次世代を見定めかねて、ときに中日を応援することすら諦めそうになる昨今ですが、今季までしっかりとチームを支え現役人生を全うしてこられたのです。長い間お疲れ様でした。それぞれ引退試合で最後の勇姿を見せてください。

まぁ浅尾選手はイケメンだけに野球とは別の意味で球団の顔扱いされて、客寄せに使われていくのがイヤだったでしょうな。引退試合を一度固辞したのもその意味かもしれません。

いつかの試合のテレビ中継でナゴヤドームの観客席が映されたとき、ファンが掲げていたプラカードに「男の敵」と書かれていた。以来、我が家では浅尾の代名詞として使われている。まったく上手い表現だと思う。

追記:野本圭選手も引退されるそうですね。会見の笑顔がすがすがしく感じられます。あまり思うように活躍できませんでしたが、落合監督に見込まれただけあって、ここぞの一発が光るときはありました。おつかれさまでした。