南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

12月の成果

目標達成できず。もはや目標どころの話ではない。陥落。

先月こそ大底と信じ、いや願っていたのに、頼みの綱の決算は裏切られた。保有株の問題児ぶりに加え、年末の株価暴落の煽りを食い、凄まじい値下がりに見舞われた。恐れていた含み損50%の堤を超えられ、挙句に一時はこの2年間で築き上げた貯金をも食いつぶし*1累積赤字に転落。なんとか大納会こそは取り戻し、月末時点での陥落は免れた。来年の発奮に期待したい、と思うのがやっと。

*1:完全に食いつぶされる瞬間を「陥落」と称し、終始怯えていた