南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

ご縁があります

五円玉を拾った。消費税の足しにとも思ったが、近所の神社で賽銭箱に投じた。ご利益があるといいな。
その翌日。彼は交通事故に遭い、この世を去った。
あの賽銭箱が底抜けで縁の下に直結しているとは、誰が知るだろう。青く錆びた賽銭たちは皆、霊魂が宿っている。五円に誘(いざな)われ、彼も土へ帰した。
南蛇井 作
中日新聞サンデー版の300文字小説を多っ少意識して書いてみた。別に応募はしません。