南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

开封县がなくなった!!

Wikipediaをつらつらと眺めていたら、こんな文面を発見した。

2014年9月9日 (5区4県)
開封県が区制施行し、祥符区が発足。
竜亭区・金明区が合併し、竜亭区が発足。

去年知らぬ間に开封县と金明区が廃止されてる!
しかも开封县は市区に編入され祥符区と改称。あんな片田舎が「区」かよ。近郊の县城はともかく陈留や朱仙も含めて「区」だなんて、あれから五六年経って事情が多少変わったとしても考えられん。
まぁこれを受けて河南踏破の版図も扱い方を修正せねばならないわけだけれども、开封县という县が存在したことも記憶しておきたいので、あっさり市区に合算してしまうのは甚だ惜しい。経県マップも市区と县単位で描いてきたのでポイントが1減する羽目になり、至極辛い。やっぱり当面改められない。
などと悠長なことも言ってられない。気になって河南省内各市をチェックしてみると、郑州の荥阳(Xingyang)市と中牟(Zhongmu)县も近く区に昇格するそうである。これはずっと以前から聞いていた話だけれど心の準備をしておかないといけない。またWikipediaに記述はないが、この傾向として新乡(Xinxiang)の新乡县のような市区隣接県の吸収は進行する可能性を感じる。

ちなみに新名称となった「祥符(Xiangfu)」は、北宋時代の1009年から中華民国時代の1913年までこの地域に祥符県が置かれたことに由来すると思われ、旧县城南部には祥符大道という通りがあったのを記憶している。当時沿道はまだ開発途上に等しかった。