南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

どちらも惨めな打たれ方をしている杭

スーマラ武智と、ウーマン村本。

まぁ村本の言っていること自体は分からないでもない。尖閣は中国に呉れてやれ、ってのは極論だし、辺境の島嶼を堅持することはアメリカの同盟国である日本が海洋で対峙する中国との安全保障上重要であることは確かだ。しかしながら、彼のいうように原発の置かれた大飯や福島など、日本人の多数が住む本土をこそもっと愛し慈しみ住民の安全な暮らしを保障することがそもそもの「愛国」精神であり対外的に守りを固めることよりずっと大切なのじゃないか、ってのは遥かに以前から私が力説している。彼の頭の中でこんな構図ができているのなら、擁護してやってもいい。炎上目的なら知らん。