南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

平針運転免許試験場2020

新型コロナウイルスの関係で更新業務が春の3か月ほど休止されていたため、その期間の延長手続者(私を含む)も合わせると来場する更新者の数がハンパないのは予想に難くない。予約が必要とまで聞こえてきたので、あぶれないよう朝一で赴く。開場時間ちょうどに着いて長蛇の列に並び、配布された整理券に従うと約1時間の待機。待機場の密を考え、30分以上を試験場外で潰してきたのは正解だった。入場制限の誘導に従いながら粛々とミッションをこなし、新しい免許証を受け取ったのは11時半。まぁ丸一日も想定してきたから順調なほうだろう。しかし開場前後のピークさえ過ぎれば、整理券配布の列など全然なく閑散としており、午後とか来たら待機場不要なレベルなんじゃないかと思わずにいられない。私は来場できる日曜日が限られるので後がない焦りも出たんだけども、混雑の噂に惑わされる必要はなく空いた時間を狙っていけば良かったかも。

それよりも衝撃的なこと。いまの免許証の写真って、メガネなしで撮るんだね。新調するまで更新見送ってたのは何だったんかな、と思わざるを得ない。あとで合成してくれるモンだとその場は解釈したが、調べると本来都道府県によって着用撮影は異なるのらしい。つまり愛知県もこの数年で対応変えたってことか。まぁ条件等だから運転時に着用すれば良いのだが、常用しているものなので証明時に人相が認識されないぞ。撮影直前にいきなり「レンズに反射するから外せ」って言われて不用意なボケ顔を撮られるもんだから、まったく別人ていうかショボけたジジイかと思った。これで顔付き証明書になるのかな。さすがに不安だわ、このレベル。