南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

郑阜高铁を活用したら、

河南ウォークシリーズで第二次信阳編というのも作れそうだ。もともと信阳市東部を眺めていて高铁に行き着いたんだけど、そのときは思い至らなかった。初回の信阳編は西端の市区のみで完結している。河南省でも有数の広域市にあってこの訪問は不満足。しかし、これといって目立った観光地のない東部はアクセス不便もあり、再訪シリーズにも挙がってない。省境を挟んで隣接する阜阳が郑州と結ばれたのを機に、ちょっと再考してみた。潢川や固始辺りでめぼしいのを2、3浮上させる。日本からのアクセスルートは、昨年に倣って郑州でもいいし、合肥も狙ってみたい。要は信阳と开封帰郷を結びつけるのが郑阜高铁だと考えていただければ幸い。