南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

孟州

jaike.hatenablog.jp

十字坡で人肉饅頭を出す居酒屋を営んでいたのが、菜園子張青と母夜叉孫二娘の夫婦。流罪で護送中に立ち寄った武松が、酒に毒を盛る孫二娘の怪しい動きを察して返り討ちにし、それが縁で3人は義兄弟の契りを交わす。そもそも武松の綽名"行者"は、のちに蒋門神らを惨殺して逃亡する武松に2人が提供した変装衣装からきている。水滸伝で大活躍する英傑もこうした影役に支えられている。

この十字坡や、金眼彪施恩との出会いを生んだ流罪先が、孟州だ。現在の河南省北西部、焦作市一帯にあたる。現在孟州(Mengzhou)市という県級市があるが、宋代の行政単位としての孟州はもっと広範囲になる。

孟州 (古代) - Wikipedia

チキショー、もうちょっと早く知ってれば焦作や济源編のときに水滸伝スポットとかチェックしていったのに。水滸伝ゆかりの地は河南と山东にまたがるエリアだと思い込みがちだけど、結構広範なんだよな。

 

追記(訂正):ちゃうやん、十字坡は山东聊城やないか。

十字坡(地名)_百度百科 *1

チラ読みして、莘县と河南范县の境界付近なら、第3回帰郷旅行のとき通ってるわ、と思った。その日は阳谷の景阳冈を訪れて濮阳に向かう途中だったので、おそらく武松さまが導いてくださったのだろう。知らずに通るなんて失礼だわな。

jaike.hatenablog.jp

*1:凄い奇遇。この文章内に人肉叉烧(チャーシュー)って書いてある!