南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

第二次商丘編(开封拡大バージョン)

jaike.hatenablog.jp

単純に、郓城の1日分を开封に譲るだけ。既成より一日早く开封へ移動する。第2回帰郷旅行で鹿邑へ寄ったとき、开封へ急ぎたくて鹿邑泊の予定をその日のうちに开封着へ縮めたのに似ている。そもそも商丘編なんだからコンテンツは商丘市に限るべきだし、郓城併せるなら平原編みたいに包括的命名をしないと。

jaike.hatenablog.jp

开封に新スポットが増えて変化も著しく、従来の滞在日数じゃ足りなくなってきた。かといって河南ウォーク企画を放棄するわけにもいかず、日数のせめぎ合いが生じている。いっそ仕事辞めて2週間フルに周遊したら調整に苦悩しないけれど、長期も意外とダレるしな。一番調整の利く洛阳と商丘の各編で、开封に融通させてみる。洛阳は間に郑州が入る分、寄り道欲が出て今すぐには作れない。

ということで、前回第5回と同じ6日間設計で、1日目と6日目が出入国および河南アクセス、2日目商丘永城と市内再訪、3日目睢县と开封移動、4,5日目开封滞在となる。実質旅行期間4日のうち、商丘編1.5日、开封2.5日の配分。ちなみに河南アクセスについては、前回と同じ関空-郑州便も有難いが、今回は上海からGを利用するのを有力と考えている。近年は高速鉄道も飛躍的に向上し、帰国時刻を夕方遅めにすれば意外と滞在時間を前回と同じくらいに出来るんじゃないかと見込んでいる。

たぶんこのプランが今現在最も実現性の高いやつだと思う。コロナ禍ブランクを抱えた以上、河南ウォークはある程度圧迫されざるを得んのかなと。ましてや水滸など…、ンー悔しい。

开封を離れて今日で2年5ヶ月。最長ブランク3年5ヶ月(第3回と第4回の間)があるから、あと1年は耐えられるわけか。忍耐一下、忍耐一下。