南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

七夕の意義

七夕ってさあ、夜空が晴れて織姫と彦星が年に一度の逢瀬を果たすと子ができるから、子宝祈願と農業でいえば豊穣祈願だよな。でもこの時期はふつう梅雨で雨天や曇天が多く逢瀬は滅多に叶うまい。むしろこの時期の雨の恵みあってこそ秋の実りを得られるのであって、逢瀬が叶いにくいシナリオになっているのではなく、どっちに転んでもメリットが得られる仕掛けになってんだな。

淮河流域ダム決壊事故

これは知らんかった。

文化大革命の最中、台風によって発生した河南省驻马店市域の複数ダム決壊事故であり、世界史上最大級の水害事故。一説では24万人もの犠牲者を出したという。

zh.m.wikipedia.org

驻马店は淮河の上流域に位置し、洪河や汝河などの支流も合流する。在住中あまり意識はしなかったが、河南では珍しく水運拠点(港)が点在する地級市でもある。当然同市や隣の信阳市などにはダム湖が散在し、河南旅游集信阳編の南湾湖周口-驻马店編で通りがかった宿鸭湖もそれらのひとつ。中華人民共和国建国期の未熟で杜撰な工法で造られたダム施設が階級闘争に明け暮れる文革で適切なメンテナンスも受けぬまま、天災の直撃を食ってしまったとされる。また被災状況は十分に把握されずデータは近年まで隠蔽、さらに改竄されたとみられ、正確な全容は明らかになっていない。

今回熊本県球磨川流域で発生した災害を見て調べたわけではなく、偶然Wikipediaをパラパラと閲覧していてそのページへ行き着いたにすぎない。愛着ある河南の史実に見識を深めながら、同時に我が国でも起きうる未曾有の災害をどう受け止め「史上最大級」にしないための対策を普段からどう講じるべきか考えるようにしたい。

初戦突破ならず

母校中村の一回戦は、千種(CHIGUSA)高校に0-7で敗れました(7回コールド)。
7月 5日(日) 中村 0 - 7 千種 | 試合速報

f:id:Nanjai:20200705102157p:plain
ゲームセットシーン
できれば瑞穂球場らしいのをスクショしたかったね。
なんとかコールドだけは避けてほしい、なんとか1点だけでももぎ取ってほしい、そんな試合展開でした。あまり対戦記憶のない千種に対しては互角ぐらいだと思っていただけに、千種って強えんか、というのが観ながらの印象でありました。
小技や相手守備の乱れに乗して泥臭く得点する中村野球が全然通用しなかった。序盤は良い当たりのヒットも見られたが、千種の堅守に阻まれた。そのうち投手のリズムが乗ってきて出塁もし難くなった。中村の守りやピッチングは決して悪くなかったと思う。千種打線に一段だけ力があったということだ。だから各イニング大量点ではなく徐々にリードを広げられていく、少しずつ締められていく苦しさもあった。コールドの決まる5回や7回じゃなくて、もっと早い回で1点でも返せていれば追い込まれずに済んだかもしれない。2度ほどあった3塁残塁が痛かったな。
名物のアゲアゲホイホイも聴けなかったし、応援団同士の掛け合いもない寂しい球場での試合だけれど、3年生の意地はライブ画面からもよく伝わってきた。今季は各校とも今年に入ってからの練習状況が不十分だったりして、思うように成果を発揮できない大会かもしれない。お互いに本来の力量でないかもしれないけど、この非常事態にプレーできるだけ有難いとはいえるだろう。おつかれさまでした。

夏季愛知県高校野球大会

中止となった夏の甲子園地方大会の代替として開幕した愛知大会。母校中村の初戦は、今日千種と戦う。残念ながら折角の休日でも応援に行けない無観客試合なので、速報よりもライブ中継を是非観たいと思っていた。超ラッキーなことに、熱田球場パロマ瑞穂球場開催の全試合はSTAR CATがYouTubeで流してくれるそうである。初戦はまさにパロマの第一試合に予定されており、朝からタブレット画面に釘付けだな。降雨も懸念されるが、無事試合成立したら結果を詳報したい。