南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

延寿寺东街

10日ほど前に公開されたばかりの動画を拾うなんて、ちょっと敏感すぎやしないか?jaike.hatenablog.jp

この記事を書いた日の資料収集の折に見つけた動画。

3g.163.com

延寿寺街ってなんか聞き馴染みある(很耳熟)*1。それと阳光湖について検索中に浮上してくるのだから関係あるんだろうな、......もしや?と思ったら、やはり的中。内环路からため池の北岸に沿って入り込む道を延寿寺东街という。(延寿寺街は、内环路を挟んで东街と反対の口から西へ解放路まで延びる道を指す。)

f:id:Nanjai:20211024225038p:plain

延寿寺街周辺地図

映像をみてわかるとおり、現在ため池は周囲ぐるりと塀で囲まれており湖面を望むことは難しい。タイトルのように、撮影者は近々この道がなくなってしまうので撮っておかねばとカメラを向けている。テレビのアナウンサーと違って一般人がナレーションしているので河南弁のトーンが心地いい。映像に残しておこうとはいうものの、片や池を囲む塀、片や廃墟のような家屋や建物と何ら特徴のない道で、いつなくなっても差し支えないように思える。この動画からわかるのは、近々消える可能性があるということは冒頭記事における開発が阳光湖全体に及び着実に進められているということだ。工事は池の東部だけでなく西岸にも着手しようとしていることが窺える。そしてそれは、さっき敢えて「...もしや」と言ったある懸念をも孕んでいる。

聞き馴染みがある、というのは思い違いではない。夜市のたつ明伦街交差点にも程近い延寿寺东街は、一二度歩いた記憶がある。その頃はまだ池を囲む塀はなく普通に湖畔が開けていたはずで、まるで釣り堀の縁を歩いているような感じだった。街灯の全くない道を、夜市でしこたま呑んだ酔態で入り込んだこともあるような(さすがに幻想か制止されたかもな)。謎の球体記事でも書いたけど湖畔は古くからの別荘地帯とされ、その名残か沿道には招待所が点在する。もちろん今は保養施設のような面影も抜け落ちて、小さな旅社の佇まいだが。そこでふとよぎった懸念とは、この延寿寺东街から北へ明伦街にかけて広がる旅社(民宿)群が、開発の煽りを受けて一斉立ち退きさせられるのではないか、というものだ。明伦街の南側に位置するこの民宿群は、かつて河南大学の下宿屋も兼ねていたり、学生の家族らが訪れた際の宿泊所として活用されていた。しかし近年理系学部が新校区へ移ったことで老校区の在席学生が減り、街の活気がやや陰り民宿も衰退しつつある。留学以後の帰郷のうち3回ほどを、河大文具店の阿姨の仲介でこの中の一軒に泊まらせていただいている。2,3年に一度しか会わないのに文具店の馴染みということで家族のように親切にしてもらっている。近年は开封における外国人宿泊規制を気にして訪れていないが、それまではいつでも頼れる家のように思っていた。以前から幾度か、いずれ立ち退かなければならないような旨を話していたけれど、もしかすると今度こそ現実となりかねないのかも。中国、とくに河南开封では「快要」なんて言ってからも意外と時間あったりするものだけど、「很快就要」はただならぬ緊迫感を覚える。河南大学のお膝元の温情で、あるいは延寿寺东街が盾となって、あの民宿群をどうか守ってやってほしい。

*1:延寿(Yanshou)だけに眼熟だとよかったか?

名古屋の気温が开封と同じ

そんなわけはない。今でこそ気温の高低とも大差ないけど、日本は秋がまだ続くので今に差が開く。
天気予報アプリに現在地と开封を設定しているので、常にワンスライドで見比べられる。最近急に肌寒くなった日本ではもう秋とばして冬かに思われるが、まだこの中途半端な気温が続くはず。河南省は緯度的には名古屋と変わらないが、日本ほど四季がないのでこの時期はまだ晩夏みたいなもん。国慶節休暇の混雑期を過ぎて、本格的寒波の訪れるまでの10月中旬から月末までは、フリーな身分と情勢下なら渡航ベストシーズンと思っている。夜市で呑んでても寒さに震えることなくビールを味わえる。これが11月に差し掛かると肌寒かったり強風に煽られたりして、夜は落ち着いて外呑みできない。また昼間でも冷気を覚える。
jaike.hatenablog.jp
jaike.hatenablog.jp
月がわりを境に急変するイメージだが絶対でもなくて、とくに2017年帰郷旅行のときは11月上旬の日程で結構警戒していったのに意外と暑くて驚いた。
jaike.hatenablog.jp
上の三门峡編でも3日目は暑い日だった覚えがある。まぁ明らかに寒くなるのは暖气(ヌアンチィ)が稼働する11月14日以降。基本的にこの日付は毎年固定なのだが、不思議なほどちゃんとこの日前後に暖房が要りそうな気温となる。2017年のときもさすがに14日までは食い込まないよう配慮した。恒例の菊祭りも最終日(18日ごろ)とかに行くと菊の鉢は持ち去られて歯抜けだわ、枯れて見栄えしないわ、おまけに寒くて愛でていられないという有様になる。
jaike.hatenablog.jp

开封の真冬は、年にもよるが最低気温が零下5℃前後、最高気温は1℃前後。終日氷点下もあるが、零下10℃まではまず下がらない。雪が大して降らないのは地元名古屋と同じ。たまに日本の天気予報を見ると、松本や仙台の気温は开封に似ているなと思う。とくに長野県松本市は同じ内陸気候にあたるから、参考になるかもしれない。
つか、真冬の天気予報は毎日同じことしか言わないので、いい加減聞き飽きる。
阴转多云(多云转阴)、零下4到1度。
もう毎日これしか言わない。そして、その通りにしかならない。10年経ってもそらで言えるわ。たぶん在住中の日記でも書いてると思うけど、検出されなかった。
ちなみに同じ河南省内でも黄河以北は2,3度低く、逆に華南にあたる信阳では2,3度高めになる。だから冬場は黄河を越える旅行はお勧めしない。と言いながら、自分は新乡や濮阳へ行ったね。そして商丘では駅前野宿したね。
ともかく开封の気温は名古屋より確実に寒いので、体験した寒さを思い出しながら今必要以上に寒がったりダラけたときに、あっちはもっと寒いんだよ、と喝を入れる役割を果たしている。しかも暖气が完備されていない住環境での氷点下も経験しており、あの耐えがたさを思えばここは何の苦難もない。日々そう言い聞かせながら今年の冬も過ごしていくことになろうよ。

再三のマントウ

f:id:Nanjai:20211023141310j:image

また不意に食べたくなって買った。思いついてフッと買えるのは有り難い。なんか今回の梱包不揃いだぞ?

 

 

iPhoneのバッテリー交換を検討

なんか前にも検討した覚えがあるんだけど、別の修理の件だろうか。昨春iPhone 5sアクティベーションロックで殺してしまい、やむなく買い替えた6s。まだ1年半余りのはずだが、最近どうも電池の持ちが悪い。ケータイ時代からバッテリーセーブに関しては得意なほうだと自負してきたので、こんな短期で劣化させてるとは俄かに認めがたい。しかし設定を参照すると、バッテリー最大容量は86%。巷を調べると、やはり目減りの速さを感知し始める頃らしい。バックグラウンド通信制限とか現状に支障ない程度にいじってもあまり効果が得られないので、どうやら潔く交換に踏みきるべきとみた。まだ機種代完済してないし、もう1年以上は運用したいし、新たなアプリ導入を考えているので、維持費もかける必要あるか。

そもそも5sにいきなりロックがかかったのも、電池劣化をふくむ不具合でシャットダウンしたのが原因だった筈。まあ丸3年は使ったから今は納得もしているが。