南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

日帰り鉄路遊び集

西枇から西日を追って

鉄道の日(14日)に因んでいろいろプラン考えてるうちに時間ばかり過ぎてしまい、去年も尾張温泉だったし上手いこと思いつかない。とりあえず西枇杷島のデルタ(枇杷島分岐点)に向かった。扇の裾より要のほうが見映えよい。いかにも撮り鉄なスポットで普段…

秋の愛環(I can)プレイ

愛知環状鉄道には長らく1日フリーパスがなく、また普通運賃も高めなことから乗り遊びは敬遠されてきた。このほど、土日に乗ろう 秋の愛環(Aikan)1dayパス(下線部は季節により変動)が発売されたことから、悲願の“I Can Play !”と相成る。とはいえ、学生時…

中山道贄川宿

緊急事態宣言発令県および青空フリーパス対象エリアからの脱出だけを目的に編み出したプラン。日帰り温泉とか、半日くらいでサクッと行けるのがいい。中山道の塩尻辺りなら普通電車の往来間に1時間くらい取れてぷらっと歩ける、ということで洗馬〜日出塩が選…

名古屋市地下鉄完乗プレイ

名古屋市営地下鉄の(鉄旅記録上)乗り残した区間を効率よく埋めるトリップ。もともと朝イチ出発でタイムスケジュール組んであったのを、熱田球場の高校野球観戦を終えて余った時間で、ちょっと改編して行きあたりで拾うように乗り継いでみた。 ドニチエコ購…

あからさまに乗りつぶし

記録上地元くらいきっちり完乗してないのは癪で、つい乗りつぶし目的だけのトリップをやってしまう。名鉄瀬戸線とゆとりーとラインを完乗。 みんなでつくる鉄道研究所 レイルラボ(RailLab) | レイルラボ(RailLab) 栄町《名鉄瀬戸線(準急)》大曽根《ガイド…

妙興寺&楽だの湯

市バスに乗るまで全然行き先も決めておらず、車中で思い浮かんだスーパー銭湯に最寄り駅周りをぷらっと歩く、昨年の木曽川線のやつを真似した。同じ一宮市内の「楽だの湯」を名鉄妙興寺駅から歩く。 突発のわりにスムーズに行けて、名駅から特急で国府宮、接…

桃山の湯

超密な名駅でのミッションを終えたあと、土曜出勤の貴重な休日を風呂入ってのんびりしたいと思ったが、スムーズに帰りやすい市内*1のスーパー銭湯がよく行く湯の城しか思い当たらない。中途半端な距離の山王温泉喜多の湯とか敬遠して、ふと見つけたのが桜通…

尾張温泉

鉄道の日(10月14日)にちなみ、最寄りの休日にちょっと乗り遊ぼうと思ったが、昨日が土曜出勤だったので縮小。半日でのんびりできるとこを模索し、源泉100%かけ流しに一発で惹かれて尾張温泉に行ってみた。むかし大名古屋温泉っていうのもあったが、すでに…

海上の森で夜景を愉しむ

と称した、蓄膿憂さ晴らしの独り山籠り。 10月3日 10年ぶりくらいに出身大学キャンパス(既に閉鎖)界隈を再訪した。同じくらい久しぶりに愛環に乗って懐かしの山口駅へ。愛環も昨年春から交通系ICを利用できるようになり、精算や高蔵寺駅での乗換がスムーズ…

甲賀・水口

青春18きっぷの残り1回をどう使うか、なかなか決まらなかった。信濃路の旅は山だったから海狙いで紀勢線だとか、一時寸断されて乗り逃した高山線だとか色々悩みぬいた挙句、信濃路以前から浮上していた案を催行した。盆休み明けに熱風邪をこじらし外出自主自…

大縣(おおあがた)神社と尾張本宮山

ようやく梅雨明けて夏晴れしたので、日焼けすぎない程度にプチ鉄旅。コロナ自粛向けに作ったトリップは犬山市南部、姫の宮で知られる大県神社とその後方にそびえ奥院も有する本宮山に登ってみようと。大県神社境内からの登山道(奥院参道)については以下を…

名鉄尾西線(木曽川線)ぶらり旅

天気もいいし、緊急事態宣言の解除でスーパー銭湯も解禁されたので、どっか行ってもいいだろう、と。とりあえず名駅向かう間に思案して、名鉄尾西線の観音寺と開明の両駅近くに休日でも割安なスーパー銭湯を見つけたので、尾西線に乗ることにした。はじめは…

いなりんに会いにいこう

豊川稲荷の狐と、豊川の名物いなり寿司をモチーフにしたゆるキャラ、いなりん。オカザえもん以来の地元キャラ応援がてら、新春やってなかった電車旅として豊川稲荷詣りを企画。 勘違いなのか、ルールが変わったのか、利用する豊橋往復きっぷのゾーン認識を誤…

秋の中山道ハイキング(武並駅~大湫宿~細久手宿~御嵩宿)

日頃の運動不足を少しでも解消するため、ときどき暇をみてはやっている中山道をしっかり歩いてみようと。もともと恵那峡温泉で一泊した翌日の行軍設計だったのを日帰りに改編。企画から当日の道しるべまで、以下のページを徹底的に参考にさせていただいた。 …

刈谷 亀城

刈谷球場での高校野球観戦のついでに、球場のある亀城公園とその周辺をミニ観光。 09:00の試合開始に間に合うため、行きはJRを枇杷島から逢妻まで乗る。市バスの名駅12系統だと時間がかかるうえ、大ターミナル駅での乗り換えが煩わしい。また、名鉄を上小田…

東濃鉄道笠原線跡を歩く

かつて多治見市滝呂、笠原地区の旅客や地場産業である製陶の陶土や製品を運んでいた、笠原鉄道(のちに東濃鉄道笠原線)の廃線跡が遊歩道に整備され桜並木が綺麗だと知り、通して歩いてみた。全長約4.5kmで、半日で十分往復できる。ちなみに同じ東濃鉄道だっ…

呼続公園

昨秋亡くなった祖父と、一緒によく散歩した公園などを懐かしみに行った。よく晴れて暖かく、花粉を浴びに出かけたようなもんだった。 呼続公園 幹栄1系統で栄に出て、基幹1号星崎行きに乗り換えて呼続大橋に下車。この行程がアパートから最安かつ最も楽に着…

中山道鵜沼宿

近場の空白地帯を埋める旅。鵜沼はJR高山線では時折往来しているけど、降りてみた記憶はない。また、以前からやってる中山道企画でも寄ったことがない。 中山道へ 味美から名鉄小牧線で犬山。間内駅入場直前に一時停止。見ると西側が大きく開かれ引込み線が…

シャバーニを見にいこう

名古屋まつりに伴う市内各施設無料開放を利用して、新築されたゴリラ・チンパンジー舎を見に東山動植物園へ出かけた。 上飯田から東山公園までの往復運賃は600円に満たなかったので、ドニチエコは利用せず。またポイント還元も使うと節約できる。平安通と本…

ドニチエコでない一日乗車券を買ってみた

土日祝日でも8日*1でもない雨天の休日に、名古屋市営交通を複数回乗り降りする用事ができたので、ちょっと個人的には珍しい切符を利用してみた。平日用は850円なので、ちょこまかと回数を重ねないと元がとれない、という計算は一応踏まえて。 ドニチエコとい…

東谷山白鳥古墳

元旦に訪れた志段味古墳群の残党。そのときの古墳らといくらも離れていないが、寒さも影響して見落とした模様。今日は春日井市民球場へのシャトルバス発着駅として利用した高蔵寺から、ふらりと歩いてみた。東谷橋では片側しか歩道がないので、車道を悠然と…

内部・八王子線

三岐鉄道北勢線と同じく、元近鉄のナローゲージ。2015年より、第三セクターの四日市あすなろう鉄道として運行している。ふらりと乗りつぶしに出かけてみた。名古屋から四日市までは、近鉄よりJRのほうが断然安い。しかし内部線の接続する近鉄駅とJR駅は1㎞余…

瀬戸焼きそばを食べにいこう

ご当地グルメとして近年話題になっている瀬戸焼きそばを食ってみたくて、何年かぶりに瀬戸へ行った。昼過ぎに行ってオヤツ代わりのつもりが、昼飯抜きで三時すぎ到着のスケジュールに。 喜多山 小幡〜喜多山間高架化のための新線付け替えが完工し、喜多山駅…

元旦ドニチエコ徒然行

事前に母から購入した「年末年始特割ドニチエコきっぷ」(1枚500円)で、久しぶりに徒然なるままに市バスと地下鉄を乗り継いでみた。 東部丘陵地域 主に千種区と名東区を、時間ロスなく乗り継げるままに転々と。後の志段味方面へ向かう市バスの発着点を探して…

養老線で行く 春の谷汲

厳しい予算で企画した今年の日帰り花見旅は、谷汲山。結構名所だけれども平日だし年度初めなので混まんと予想。前日の天気予報は芳しくなかったが、猿投温泉に安んずるよりはと決行。樽見鉄道谷汲口駅から徒歩でも遠くない、という母の助言を聞かず、敢えて…

忍者の里 伊賀上野

およそ1年半ぶりの日帰り旅は、夜勤期間中に計画した宇陀の温泉一泊旅行の寄り道観光地になっていたのを軽く改編したもの。新春きっぷのような特殊切符を使わないので、名古屋からJR伊賀上野と近鉄伊賀神戸までの運賃を比較して少しでも安い近鉄を選んだ。時…

明智・岩村

今回はもともとペルセウス座流星群観測候補地として岩村城が挙がったことが先で、明智鉄道乗り遊びは後付けの企画だ。東海地区の旧国鉄系第三セクター鉄道としては愛環を除くと最後の砦であり、漸く岐阜県を制したな、と。尤も小学生のころ母と山歩きをした…

樽見鉄道の旅

今年やっと得られた終日の正月休みは平日で、青春18きっぷ以外に使えるフリーきっぷがない。前日まで悩んだ挙げ句、昨夏避暑用に企画した樽見鉄道プランを、電子レンジでチンするように温めなおして採用した。通年販売されている「うすずみ温泉入浴券付き一…

京都嵐山

長らく交流している中国朋友がついに悲願の日本個人旅行を実現、先週から1週間の日程で大阪・奈良・京都を母と周遊している。前々から自由な来日を希望していたからとても喜ばしいし、いつかは日本で会いたいと思っていた。名古屋から一番近くて交通至便なの…

伊勢斎宮&遷宮記念参りの旅

はじめに 昨年秋の式年遷宮行事にはさほど強い関心はなかったが、蛇池の記録に残る限り長年お伊勢参りをしていないのと、近年無性に伊勢うどんが食べたいことから年初には詣でようと思っていた。最後の参拝記録は、奥の院である滝原宮参拝*1を除けば2004年1…