南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

中日の守護神

なんか、あっしがドームでバイトすると中日の勝率が高まるというので、竜虎決戦の2戦目を行ってまいりました。前々回の広島戦は3連戦とも勝利に導いた南蛇井神ですが、バイトじゃないと駄目らしく、4日に五階席のチケットかって見に行ったら負けました。昨年は勝率8割くらいだったので、自信あり。

で、昨日は内野レフト席で、阪神ファンが荒れて壁を壊したそうなので、トラに負けられるのはスタッフとして恐怖なのですが、出掛けに道端でトラネコの死体を見つけたので、こいつを盾にトラを潰す覚悟で、危うくレフト側を免れライト側応援席に配属されました。3回から1点を追う形になったものの、7回に奪還。直後にまた取られ、9回になったところで最悪の展開に。どっちが勝っても確実に両者が荒れますから。それでも延長戦へ。

そいで、あっしは延長戦の給与が出ないとかで、10回まで働いた後突如「上がり」となりました。あれは絶妙なタイミングでしたね、守護神として。持ち場を離れた直後、中村に本塁打をぶっとばされて、竜が敗北。あれは、守護神として大変申し訳なく思います。