南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

これはチェンちゃんのネタですか?

餃子フェア

中国ではこういうの、実際にある。中国の有名な焼きギョーザ料理店(私の町のは「地球の歩き方」にも掲載されているので名は挙げない)では、メニューの一つとして、何種類もの餡の中に罰ゲームともいえる変な餡のを紛れ込ませるものがある。大勢で食事をするときは、楽しみとしてこれを注文することがある。野菜餡、羊肉餡、エビなどに混じって、いわゆる「当たり」が一種類だけある。酒好きの中国人に「当てる」ものとは、やはり甘い餡であり、アンコが多いかな。だから、今回の動画を見て、羊羹に「美味い!」が出てしまうのは、ある意味中国のギョーザ罰ゲームは効かないよと。アンコはハズレなのに、何で逆にOKなの、みたいな。でもしばらく普通のギョーザを食ってて、突如アンコギョーザを口にしたときの不味さは分からないだろうな。
ちなみに、私が考える極上のハズレ餡は、中国製ワサビだな。焼きギョーザ店の料理人さん、日本人にはぜひこれを試して店の名を落として欲しい。まだヒ素カレーのほうが美味いと思うもん、あれは。
それからこの動画で紹介されている他の暗について、
1.ギョーザライス−チャーハンか塩飯だったら、罰ゲームでなく普通に一種類としていけるかも。
2.ミカンギョーザ−この缶詰ミカンがこっちで安価だったらアンコと対等に置ける。ただし若者は飲酒に際しても甘いものをよく食うので、嵌ってはくれないかもしれない。
4.ギョーザギョーザ−内側のギョーザは先に蒸しとけ。焼−蒸−焼とか凝ったらいけるんじゃないの。