南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

たいまつサイクリング

自転車に日傘取り付けて走行しているオバちゃんにその危なさを分からせてあげようと、すれ違いざまにライターで火をつけたらブワッと燃え上がって聖火トーチみたいになるんだろうな、と想像したら笑えてくる。気が付いたら金属の骨だけになってたりして。
先公の髪に火をつけた義家弘介と、近頃名古屋市南部などで多発している郵便受け花火投げ込み事件を連想して、ちょっと悪質な発想だとは思った。