南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

身近なはてなブロガーの突然なる死

コンビニで「週刊現代」を立ち読みするごとく暇なときにフラリと二、三話読んだりするブログとして、数少ない購読リストに入れてあった。今なにげなく夕刊を開いたら、福岡でIT講師がセミナー後に、ネット上で荒らし行為をしていたとみられる男に殺害された、という記事を見つけた。その被害者は「Hagex」名義でブログを開設していた旨を読み、えっまさか、と半信半疑で冒頭のブログを開いてみれば、あんなに毎日機関銃のように止めどなく投稿されていたのが、今月24日でプツリと途絶えているではないか。顔も本名も素性も知らないが、ブログを継続的に閲覧することで少なからぬ親近感を覚えていた人物が、突然実名を伴って現実世界へ現れ、さらに殺害されるという事態に、凄まじい衝撃を受けずにいられない。他のどんなに凶悪な殺傷事件よりも身近でリアリティがあるというか、率直に心痛を覚える。心よりご冥福をお祈りするとともに、改めてブログを読み返したい。