南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

3月の成果

目標達成できず。もはや目標なんて掲げていることさえ虚しく思えてくる。ただし、先月に続き形勢は向上。-40%に落ち着き、何とか我慢できる許容レベル。

今月のキャッチフレーズは、貯金箱に潤いを。中旬の決算発表に望みをかけ、この第二波を逃したら3ヶ月待ちを覚悟する正念場。案の定「大幅増益予想」に反応して急騰を見せたものの、目標売却価格には及ばず精々平均単価にタッチするのがやっと。仕手筋が手仕舞いしたのか、第3波に向けて振るい落としているのか、見定めがつかぬまま見守る。

これで遂に7か月、売却約定なし。今月売り逃すとは思ってなかったので非常に落胆し暗澹たる想い。処分するのにマジに今年一年かかるんだろうか。いや、この銘柄保有が1年越しになりそうなことのほうが不満。しかし現実味を帯びつつある。