南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

聖火の恩恵?

大学近くの苹果园交差点が見違えるほど舗装されて、日本並みに平坦な道路になった。ここは開封市内でも交通マナーの最も悪い交差点の一つで、ほぼ誰一人信号を守らない。それでも人間の往来交叉が成立するのには、道路舗装の悪さが逆に不可欠であった。いい加減埋めたらいいのに、と常々思うほど、大小さまざまな穴。性能のよくはないトラックやバス、この町には不相応なほど高級な乗用車がボコンボコン穴に嵌ったり、穴を無理に回避したりして、そのおかげでスピードを制約されていた。なんか、むしろゴミを穴に捨てまくって埋まっちまえば、とか思ったりして。それくらいリーハイだった道が、聖火リレーが通るぞ、の一声でアッサリまっ平らになってしまった。物悲しいくらいですよ。ここは外環道路でもあるので、これからスピードを出す者が現れないか心配である。