南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

政権交代みにとーく

それにしても日本の有権者ってかくも馬鹿正直に行動するんだなと、ひどく感心させられた。世の中意外は容易には起き得ないということが意外だった。私は大学以来の民主党の地盤である*1ので少なくとも国政に関しては選択を迷わないんだが、事前調査では自民も民主も支持しない浮遊層が多くて、中途半端な結果になるかとも思われたのにここまで白黒つけやがって。あまりにも政権交代の4字に扇動されて選挙権を行使したようにおもわれて仕方がない。
ただね、これは「政権交代」の誇大広告による流れが主ではないと思うんだ。そして勿論マニフェストを比較したからでも麻生があまりに愚だったからでもない。これは100年に一度といわれた経済危機が人間を本能的行動をとらざるを得ないほどの極限に至らしめたからではないかと。誰も冷静に政権を選択しようとは思っていないのが有権者の実態。で、今早くも思うんだけど、民主がこの先自公政権と変わりばえのしない政治をやったら、今後自民に回帰する有権者が出るのかなと。まずそんなことはないと期待しているが。
総合政策生時代から見守ってきた民主党がこうして政権を奪取したことは素直に喜ばしい。掲げる政策はいいんだけども、党として締りがなく事あるごとに愚を犯してチャンスを逃してきた実態がある。今後も与党として、同じようなボロが出ないように邁進してもらえばとりあえずは良い。マニフェストはこれから改めて国民の皆さんに噛み砕いて解説しつつ、実施に動いていっても遅くはなかろう。この不況下で、国民は獣と化している部分が多いので、噛み付かれないように又縦横無尽に走られないように、一方で独裁にならぬように気をつけて歩んでもらえることを期待する。

*1:若干崇拝の意も込めて