南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

炎上した地点にあったのは、

橋の欄干ではなくてアルゴリズムの凹凸じゃないか。そう思って実験してみた。
f:id:Nanjai:20131029235910j:plain
(凹凸は確認されず、一回目は100km/h以上を記録。角度的に毛沢東の肖像が荷重移動表示の陰に隠れやすく、撮影に苦労した)
左ハンドルでこの角度だから、突入直前にはさぞ毛首席がよく見えたことだろう。天安門心中。
先日微博に、時速100kmで开封大梁门をくぐる*1画像を投稿し、事件を触発あるいは助長したんじゃないかと悔恨の思いがあるくせに結構不謹慎な実験をしている。こんな絵はさすがに微博へは上げられない。

しかし、初めて3Dドライブで北京を走ったが、さすが中国の心臓部だけに建造物が精巧に描かれてるね。地形の凹凸の激しさは上海と変わらないけれども。

*1:ある程度スピードを出していないと、それこそ凹凸に嵌まって失速・停止の恐れがあるため。100kmは些か度が過ぎるものの、このゲームの難点だからやむを得ない