読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

カレー食いたくなりながら深めな話


イチローカレー - YouTube
この動画を観るといつも、次の昼にシンプルなカレーを食べたくなる。最近はたいてい松屋のオリジナルカレー大盛を食べる。シンプルっていうのはイチローの言うトッピングのことだけではない。家で食べる一口大の肉野菜がゴロゴロ入ったカレーじゃなくて、具材が原形を留めないまでに煮込まれたほぼ液状のルーがかかっているもの、それが究極のシンプルだと思う。松屋のカレーはトマトが煮込まれているのか、少しだけ深みがあって市販のカレーとは微妙に違う。けど、弓子さん手作りのカレーだって、たとえ何か隠し味や特別な工夫がなくたってイチローの舌にとっては無二の味だろうし、それは人によっては「普通じゃない」「シンプルじゃない」カレーだと思われるかもしれない。結局は食べる人の口と胃腸に一番合い、一番食べ慣れ、何年食べ続けても飽きない味、それが最もシンプルなのだろう。イチローの言い方はシンプルでないカレーを自分の中で否定しているように聞こえるが、このカレーが自分にとって一番なじんでいるんだ、愛しているんだという強調、一種の家族愛ですよね。見倣いたい。

でも、たまには逆心を抱いてハッシュドビーフにしてみようかな、と思う。