南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

2006-12-03から1日間の記事一覧

小説

とある講義中に書いていたもの。作者が小説と言ってるだけで、実はそんなまともな物じゃないけど、上げておく。 『くびつり(仮題)』 秋も暮れ、舞う木の葉は霙に変わりそうなほどキンと冷え込んだ、ある夕刻である。大和田孝雄は、自宅から数キロ離れた長…

セカンド・ライフ、米で130万人の白熱

白人の余熱。