南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

やわらかい歌


ゆず「雨のち晴レルヤ」 - YouTube
先日の昼時はじめて『ごちそうさん』(普段は観たこともないのに勝手に「ごっつぉさん」と呼んでいる)をチラッと観て曲を聴いた。自然に印象に残る歌は自然な流れをしている。不自然な流れをしている歌はそのときは違和感で心に衝撃を与えても、時間が経つと忘れてしまう。そういうものは多分印象と呼ばない。ただのアタックかクラッシュでしかない。印象とは本来もっとソフトなものなのだ、とこの歌は教えてくれる。