南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

一部の人々が優遇されてる世の中には不平不満言うくせに、

自分が優遇される一部の人々になれたときは文句言わない。

つまり世の中は如何にうまく優遇されるかの競争社会であって、世の中が回る仕組みに文句垂れるより勝ち抜く方法を考えるべき。助けてもらえるようメディアに訴えるとか徒党組んで声あげるとか、それぞれのやり方に過ぎない。僻んでるしょうもない奴らは放っておけばいい。