南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

売国奴に倣って

愛国奴っていう罵倒語もつくってくれたら、新大久保でヘイトスピーチしてやりたい。
郷土愛ぶる狂奴を一喝、みたいな。

Yahoo!ニュースのコメント欄を覗くと、嫌韓・嫌中をやたらと叫んだり、根も葉もないのに特定の政治家を名指しで在日などと吊し上げたり、まるで文革の紅衛兵みたいな基地外が毎日高ポイントを得てのさばっている。低級で見るに堪えんし、そういう雑魚どもの声を端から見て「日本の民族派が躍進している」などと分析されるのは甚だ心外だ。
そういうのに限って言論統制が進行してから喚いたりあがいたり嘆いたりして拘束されることになるんだろう。無知のまま自由を濫用して暴言を撒き散らし右傾を支持していると、自ら首を絞めることになるぞ。外への攻撃は内への規制と表裏一体なのだから。
平和ってのは、たんに戦闘や空爆によって人が死なないだけでなく、戦争などの国事遂行のために個人の言動や生活面での権利が制約され従わない者は拘束・迫害される、というような事態も発生しないことを意味する。今日この終戦記念日は日本の侵略・占領を受けた国々にとっては祖国解放の記念日でもあるけれど、日本にとっても戦争による社会全体への重圧から解放された日なのだ。
さっきは「愛国奴」の言動は自分たちの首を絞めることになるといったが、逆に制約を要領よく逃れ善良な国民に対し公然と暴言を吐ける犬どもの楽園になるんじゃないだろうか。だとすれば、彼らこそ善良なる市民の権利を最大限保障した現行憲法下の日本を、それこそ中朝の如く国家による国民監視と国民同士の相互監視の暗黒社会へ売り飛ばす「売国奴」に他ならない。
こういうバカな暴力的右翼が世を支配しないようにするには、単に「平和や自由を大切に享受しましょう」と宣伝するだけでは危うい。68年前に置き去った過去の中から、肯定できるものは肯定し功罪ともに正面から受け止めることだ。その上で現在を築いたご先祖様への畏敬の念をもっと教育の中心へ上げる。今の日本人はご先祖様との密接な関係が、戦争によって1945年を境に寸断されている。もっと互いに解り合えば、現代人はご先祖様を裏切らない行動をとれるようになろう。そして、右派や民族派もご先祖様の威光には逆らえまい。これに背く者こそ不敬罪を適用するに値する。

ま、とにかく愛国奴は消したい。潰したい。芥子粒、芥子粒。
我らがご先祖様である全ての戦没者の皆様、ご冥福をお祈り申し上げます。様々な形でかけがえのない日本を遺して頂き、謝意は筆舌に尽くせません。来年も現代人へ叱咤激励のため此岸へ御越しください。