南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

合肥を念頭に

市中心部の自動車進入規制を行うのに適した(規制エリアを決めやすい)都市はないかな、と都市詳細図をパラパラと眺めてみた。そしたら合肥がいい形をしている。合肥は環状道が未完ながら各所にできているし、ちょうど日本の城のお堀のように、湖(と現地では呼ぶのだが、規模からして我々は池と見るのが自然)が囲んでいる中心部がある。これはどれくらいの大きさなのか、『地球の歩き方』掲載の地図を見ると、東西2.5km、南北2kmほどの卵型をしていることが分かる。开封の城壁よりは一回り小さいということになる。なかなか適当ではないか。ついでに物価も郑州ぐらいと推しここに腰をすえても悪くないとは思ったが、仕事や研究をするにはまず1年ぐらいタダ住みする必要があるで、やっぱり河南に帰ることにする。時間と金があれば、3日ぐらいの日程で調査旅行をしてもいいと思った。