南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

もう一度言わねばならない

福島瑞穂先生がんばってください。
せっかく参院再選を果たしたところなのに、党内で執行部批判が高まっている。譲れないものは譲らない、協力できるものは協力する。なんだか共産党みたいだけれど、連立内で馴れ合っているより賢明な方針だと思う。確かに独自の政策を大政党に手伝ってもらって実現させるメリットも、連立参加にはあるだろう。でも幾つかのポリシーを譲ってまで、迷走する政権にしがみつくことはない。社民党社民党の道をゆく。そういう決断を参院選前に示してくれたんだろう。応援しています。