南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

温泉电视

先日の「温泉に行こう」の関連動画。
温泉电视 第4回 - 冢原温泉・汤平温泉 - (湯布院塚原温泉・湯平温泉)
www.youtube.com
はじめ、日本の温泉に魅了された中国人愛好家の私設チャンネルかと思った。それにしてはシリーズで取り上げる温泉が大分県限定だし、中国の公共放送で必ず付される中文字幕のつかないのも不自然だと感じた。検索してみると、大分県が中国人向け温泉観光PRのために、留学生などを起用して製作したものらしい。学生にとっては就学先の文化を学べるし、モデル気分にもなれるし、面白い企画だと思う。この動画のナビゲーターは私の友人に容貌や仕種がとても似ている。代わりにやらせてあげられたらと思う。でも、タオル着用とはいえ、人前で裸になって入浴するのは結構勇気が要るだろうな。公共浴場で脱ぐのと、肌を露出した自身を映像へ晒すのと2つの抵抗に打ち勝ったのは偉い。湯を肩へかけるところなんか落ち着きがあって、日本人と遜色ないくらいよくできている。

ところで、この映像の中汤温泉(中の湯)を聞くとつい、河南省平顶山市鲁山の中汤温泉を思い浮かべてしまう。こっちにも下汤(下の湯?)というのが近くにあり、「上中下」の意味合いを持っていると思われる。河南ウォーカー的にはこっちの方が行ってみたい。

参考までに、温泉电视のサイト。他の回の動画も全てここで観られます。