南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

年越しそばにするか

日本で烩面食べられるところないかとおもむろに調べかけて、ふと、
いくらAmazonといえども、まさかないだろうと思ったら、あった。

まぁ信阳毛尖(茶葉)もあったしね。このぐらいの河南特産は買えて然るべき。
商品名じゃないけれども、めちゃくちゃ想念なので、こんなん即決やん。康师傅とか買ってる場合じゃないやん。
まぁいうても乾麺やし、どこまで本物に近い食感が再現できるか知らんけど、自分ひとり懐かしむだけじゃなくて3セットぐらい買って実家でも食いたい。
ついでに一つ贅沢をいうならば、トマトスープの烩面(茄汁烩面)が食べたいなぁ。明伦街の兰州拉面店でずっと食べ続けてきたおかげで、清淡スープよりもトマトスープのが普通だと思い込んでしまってた。河南各地を食べ歩いて初めて、その珍しさを痛感した。経験上、普通の拉面や烩面店よりも、清真食堂の方が的中しやすい。具は肉片、チンゲン菜にキクラゲ。豆腐皮や春雨が入ってることもあるな。余計食べたくなると分かっていてもイメージをやめられない。