南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

一年の鬱憤を腹の底まで発散する日

暴燃会。

別に悪意はないんで

あみやき亭の間仕切りの悪さに閉口し出だしからすっかり興ざめしてしまった(ただのフードコートじゃないかと思った)。瓶ビールを飲んでいつものようにぶっ飛ぶことができた。飲んで(ちょっと食って)絡んで吸って騒げれば十分。良い酔い加減で密かに期待していたカラオケへ移動。
 宴の後
シダックスはあまり期待できないと思った。あんなに中国曲数が乏しいとは思わなかった。あれじゃそこら辺のスナックのカラオケとおんなじである。まぁ自由飞翔を絶叫できたのは良かった。おまけに店長と交渉したというフィリピン人に料金を仕切られて、うまく俺のリズムに乗れないというか狂えなかった。やっぱカラオケは期待できない。音楽は自分の聴きたいものを聴いて楽しめばいいのかもしれない。でも大音響で狂いたいときってあるじゃないか。いやその欲求は常にある。修行が足らんな。自己満足を除くなら、時間の共有は楽しめた。も少し英語の曲を復習したほうがいい。

今宵の一連の宴で3人も崩壊した。自分でも比較的長時間ビールと接触した割に、自力で帰路につけるくらい何ともなかったのが不思議である。意外と要所で冷めていたのかもしれない。