南蛇井総本気

南蛇井にとらわれた言語的表現の場

書籍化について

よく巷でブログの書籍化って聞くよな。開設したときからビシッとテーマ決めて書かれている方は刊行の意義もあろうけど、蛇池みたいにアレコレグダグダ書いてるようなのに書籍の価値なんてない。
書籍化っていえば、こんなことあったな。
jaike.hatenablog.jp
記事でも動揺しているとおり、たった18回しか起こしていない質問からよくも選抜されたもんだ。当時ケチな学生だった南蛇井は、質問に必要なポイントを一切カネで買うことなく回答だけで稼ぎ出していた。アンケートならサンプル数、人力検索でも最低50ptは必要だったと思うが、こつこつアンケート回答で1ptずつ貯めたり渾身の回答で高ポイント獲得したりして、いつか自分の秘めてる質問を立ち上げるんだと温めていた。そうした力作な質問もあれば、たしか回答ポイントだかポイント送信だかでボーナスみたいな信じられない額のポイントをくださった機会があって、そのときあまり熟考してない質問をオープンした時期がある。記事内に、どの質問が候補に挙がったか書かれていないが、書籍に採用されるには不本意なものだったに違いない。そして、はてな活動が家族にバレるのを恐れて承諾しなかったものと考えていた。
でも、どの質問が採用されかけたのか妙に知りたくなって、いろいろ検索してみた。まず、刊行された書籍名は、
幕府を作りたいのですが白泉社 2007年9月 という。
diary.hatenastaff.com
その下部リンクにある、
hakusensha.hatenadiary.org
このブログで候補になったっぽい質問がポンポン取り上げられており、もしやこの中から厳選されたのが書籍化されたのでは?と、自分の質問のキーワードを打ち込んでは検索かけるもちっとも挙がってこない。すると、
hakusensha.hatenadiary.org

【見本誌をお送りした方々】※アルファベット順。匿名希望の方、ご連絡頂けなかった方は省いてあります。

...⁉あるやん!id:Nanjai様。えっ、承諾返信してたんや!10何年ずっと無回答放棄したもんと思ってたわ。
jaike.hatenablog.jp
よく調べたら、この記事にて「住所などを伝えた」と記されている。この見本誌発送が2007年9月20日となっており、そのとき既に河南开封に居た私は直に受け取ることなく、母とかに「なんじゃこりゃ、ポイ」となったと思われ。一時帰国したとき机にそれらしいものなかったもんな。というか存在すら失念してたろうけど。
ちなみにこのブログで掲載されている質問・回答は、

人力検索はてな」から選りすぐった質問・回答のうち、残念ながら元著作権所持者とコンタクトが取れなかったとか、様々な理由で、本の中では掲載できなかった「残念な質問・回答」をここに、毎日3〜4個ほどずつ掲載することにしました。
ご挨拶 - ※男(こめおとこ)の日記:白泉社×人力検索はてなの本『幕府を作りたいのですが』のブログ

だということである。そりゃ探しても見つからんわな。

こうなると採用された質問をどうしても知りたくなり(書いとけよ、14年前の俺)、中古本だけど買ってみた。

元々の販売価格は1000円(税別)なのを、中古で269円(送料込み)。ホントはタダで貰えるはずだったんだからね。全く今更な入手なので汚損とか気にしない。手に入るだけ幸いというもの。
ということで、書籍が届き次第どの質問が採用されてたか、報告する。あるいは回答採用かもしれない。でもいるか賞けてるかいとう賞)は2回しか獲ってないはずだし、まぁ実物見るまで分からないな。
参考:南蛇井 (id:Nanjai)さんの質問履歴 - 人力検索はてな